マイレージ比較の達人

マイレージ比較の達人

マイレージ比較の達人

海外旅行に行くなら、利用航空会社のマイレージプログラム(FFP、フリークエント・フライヤー・プログラム)に加入しましょう。
マイレージプログラムは、プログラムの主催航空会社ならびに提携航空会社のフライト利用や、プログラム提携店舗利用に応じてマイル(ポイント)が貯まり、一定のマイルが貯まると、無料航空券や無料アップグレード特典などに交換できる入会金・年会費とも原則無料のオトク(というより入らないと損)なサービスです。

異なるマイレージプログラムで貯めたマイルを合算することはできませんので、マイルをしっかり貯めるためには、できればマイレージプログラムを一つに絞るのが理想的です。

とはいっても、マイレージプログラムを一つに絞ってしまうと、利用できる航空会社が限られてしまい不便ですから、実際には、航空アライアンスごとのFFPに1つずつ加入しておくのが現実的です。

マイレージを効率よく獲得・利用するためには、それぞれのマイレージプログラムの特色をしっかり把握しておくに越したことはないのはいうまでもありません。

●マイレージプログラム選びのポイント

では、マイレージプログラム選びでチェックしておくべきポイントですが、簡単にいえば3つあります。

1.路線網をみる

フライト利用するための航空マイレージプログラムですから、よく利用する(もしくは利用したいと思う)地域に路線(なるべく自社運航便)を持っているFFPを選びましょう。

近年、主要な航空会社はグローバルなエアライン・アライアンス(航空連合)へ加盟するなどして、提携航空会社を増やし、コードシェア便/共同運航便による路線網の拡大に努めています。フライトを利用する側にとっても、提携航空会社間ではマイル加算や特典航空券交換を相互利用できるといった魅力があります。
エアライン・アライアンスの詳細解説はこちら>>

ところが、提携航空会社はあくまでも提携先にしか過ぎないのです。たとえば、他航空会社の機材および乗務員で運航するコードシェア便でフライトした場合、運航する提携会社搭乗分として積算されるため、自社運航便に比べて、マイル加算率が低くなったり(提携航空会社の格安航空券だとマイル加算対象外になることも!)、特典航空券に必要なマイル数が多くなったり、アップグレード特典の適用対象外になるといったマイナス面があります。

2.マイルの貯めやすさ

マイレージを効率よく貯めるには、

  • フライトマイルの加算率(自社便ならびに提携航空会社便の格安航空券での加算率はどうか
  • マイルの有効期限
  • フライトマイル以外でのマイル獲得は可能か(マイルが貯まる提携店舗網やマイレージ提携クレジットカードの有無、マイル購入の可否など)

といったポイントは要チェックです。
主要航空FFPのマイル加算の比較はこちら≫

とくに、日常のショッピング利用でマイルが貯まる航空マイレージ提携クレジットカードは、本気でマイレージを貯めたい方にとっては強力アイテムです。ボーナスマイルがもらえ提携店網の充実度やボーナスマイルがもらえるカード利用キャンペーン実施の有無もマイレージ提携カード選びではチェックして置くべきポイントです。
航空マイレージ提携カードの詳細解説はこちら≫

3.特典交換に必要なマイル数

貯まったマイルが効率よく利用できるかどうかも確認しましょう。
特典航空券やアップグレード特典に必要なマイル数は、それぞれの航空会社の自社路線網に相当依存しています。たとえば、アメリカ国内線なら米国系、欧州内なら欧州系、日本国内ならJAL/ANAが最も少ないマイル数で特典航空券に到達できます。
主要航空FFPの必要マイル数比較はこちら≫

「マイレージ比較の達人」は、以上の観点から、主要航空会社FFP(マイレージプログラム)のサービスを詳細比較しています。

旅行・観光 ランキング ← 旅行・観光ランキングに参加しています。

マイレージ最新情報

ANAカード・キャンペーン情報

JALカード・キャンペーン情報

更新履歴

ページTOPへ ▲

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google     

マイラー向けカード月間ランキングTOP15はこちら≫