マイル加算のヒント

マイレージプログラムの特典獲得のためのマイル加算のヒント。

マイレージ比較の達人

TOP > マイル加算のヒント

マイル加算のヒント

もう少しで特典に手が届きそうなときには、ネット上の共通ポイントプログラムを活用しましょう。代表的なものに、Gポイントネットマイルがあります。これらは、今まで無駄にしてしまいがちだった複数の「少しだけ貯まったポイント」を一つにまとめるサービスで、ギフト券、電子マネー、現金をはじめとした様々な特典と交換することができます。

ANAとJALは多数のポイント移行パートナーと提携していますが、通常はまとまったポイントからでないと移行できないのが難点です。

Gポイントおよびネットマイルは、ポイント移行や、ギフト券、電子マネー、現金へのポイント交換だけでなく、提携航空会社のマイルへポイント移行することもできるので、いざというときに役立ちます。

ANA、デルタ、ユナイテッド、アメリカン、キャセイパシフィック。JALへも、ネットマイルからDCカードを介してポイント移行することが可能。

この他のポイントプログラムに、エルネなどがあります。これらはネットショッピングや各種情報(資料請求や会員登録)へのキャンペーン参加でポイントを貯めることができます。貯めたポイントは、Gポイントやネットマイルへ移行ができるので、登録しておくと便利かもしれません。

なお、貯まったポイントを現金化する際には、ジャパンネット銀行やイーバンク銀行に口座を持っている必要があります。どちらもネットバンクならではの有利な金利と手数料や、各種サービスを提供しているので便利です。

JALマイルを貯める

Gポイントやネットマイルをもってしても、まだ数百マイルとか1,000マイル程度足らないという場合には、移行手数料のかからないカードからのポイント移行を活用しましょう。まず第一におすすめなのは、移行レート、移行単位、移行手数料、移行所要時間の4つの重要なポイント全てにおいてすぐれているJMBローソンVISAカードです。あと、ANAマイレージクラブにはないのですが、JALマイレージバンクの場合、お歳暮、お中元の時期は、多数のJALマイル提携デパートで利用100円につき2-3マイルがつくボーナスマイルキャンペーンを行っているのも狙い目です。

TOP&ClubQカード

TOP&ClubQ JMBカードは年会費1,000円+税かかってしまいますので、マイルをちょっと追加するためのサブカードというよりもメインカード向けなのですが、東急百貨店での買物で最3〜8%のクラブキュウポイント(2P=1マイル相当)がつくのが魅力です。たとえば、東急百貨店で年間10万円以上の買物をした場合には、カード利用額の5%がもらえます。つまり、10万円=5,000P=2,500P相当が貯まります。

JALマイルに徹する方に、もっといいのは、JALカードTOP&ClubQです。このカードは、通常のJALカードと同様、カード利用100円につき1マイルもらえるのに加え、東急系列では余分にTOKYUポイント(JALマイルに移行可能)がもらえます。特に東急百貨店ではTOP&ClubQ JMBカードと全く同様で、カード利用額の3〜8%のクラブキュウポイントがつきます。しかも、移行手数料なし。東急百貨店ネットショップ利用でも、クラブキュウポイントがもらえますし、カード年会費も通常のJALカードと同一ですので、東急沿線にお住まいでない方にも、このJALカードTOP&ClubQはかなりおすすめです。

ページTOPへ ▲

最終更新:2009年4月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google     

ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
マイルがたまる!astyle

スルガ銀行ANA支店
マイレージ攻略本も絶賛!!スルガ銀行ANA支店


楽天銀行
ATM手数料が最大7回/月無料!
同行間振込手数料が最大10回/月無料!
楽天スーパーポイントが貯まる・使える!


住信SBIネット銀行

【移行先パートナー】Gポイント、セシール、Amazonギフト券、QUOカード、こども商品券、ジェフグルメカード、Joshin、全国共通図書カード、日本赤十字社への寄付、Pex、ベルメゾン、ポイントオン、マックカード、UCギフトカード、郵便局

Gポイント:大手企業が多数参加する日本最大のポイント交換サイト
レート:1G=0.7〜1円
移行元:三井住友カード、日本旅行、グリーンスタンプなど70種
移行先:三井住友カード、ちょコム、Edy、ANA、デルタスカイマイル、ユナイテッドなど約160種
現金・電子マネー化:Edy、@QUO、WebMoney、イーバンク銀行など7種